家庭教師コンシェルジュの使い方

地域や学習目的で家庭教師センターを絞り込む

家庭教師選びにおいては様々な決定要因がありますが、家庭教師センターの多くは、教師がご自宅まで伺う際の交通費は実費負担となるため、自宅から近い家庭教師センターや、近くから派遣してもらえる教師がいるか、いないかで判断することが多いようです。もちろん、自分に合いそうな家庭教師センターを見つけたとしても、派遣できる教師がいなければ指導してもらうことが難しいでしょう。そうした観点からも、まずはお住まいの地域に対応した家庭教師センターを選ぶことは必須と言っても過言ではありません。家庭教師コンシェルジュでは、そうした地域の絞り込みや抽出に長けているのが特徴で、様々な地域条件で絞り込んで、最もマッチした家庭教師センターをご提案します。

また、次いで重要なのが学習目的となります。 生徒さんの学習目的においては、日常の授業の補習目的から中学受験対策、高校受験対策、その他苦手科目の強化、論文対策や面接対策など、その内容は多岐に渡ります。その学習目的に対して、当然のことながら得意とする家庭教師センターもあれば、それぞれの科目に特化した家庭教師が登録している派遣センターもあります。例えば、学習指導そのものに特化したプロ家庭教師センターなどは、元学校教師や塾講師など、指導経験豊富な教師のみが登録できる質の高い指導が評判の家庭教師センターで、具体的な勉強のほか、メンタル面でのサポートや生徒さん個々の性格や本質に応じて、様々な指導アプローチを行ってくれるところもあります。

予算や教師条件で絞り込む

親御さんの立場からすると、なるべく安く費用を抑えて、最大限結果が出せる家庭教師センターと契約したいというのが本音でしょう。ただし、家庭教師および派遣センターもピンキリで、相対的に安かろう・悪かろうという風潮があるのも事実。特に大学生のアルバイト講師が中心の家庭教師センターでは、教師そのものの責任感や情熱・熱意に乏しく、生徒さんの成績アップにつながりにくい場合もありますので、必ずしも費用が抑えられるのが良い訳でもなく、反対に月謝や授業料が高ければ必ず結果が出るというものでもありません。

家庭教師センターを決めるうえで重要なことは、1か月の予算がどこまで許容できるかをしっかりと決めておくことです。生徒さんの多くは、家庭教師の授業に慣れてくると、もっと授業を増やしたい、その他の科目も教わりたいと思うようになってきます。それは非常に良いことで、自発的学習に前向きになっている傾向でもありますので、それを押さえつける必要はありませんが、当然のことながら授業料負担が増えきてしまいます。家庭教師をお願いするにあたっては、必ず事前に月謝上限を決めておいたり、1時間当たりの授業料をどこまで負担できるかを決めておくことが重要です。家庭教師コンシェルジュでは、そうした予算面での検索にも対応しており、1時間あたりの授業料で絞り込むことも可能ですので、上手に使いこなして、長く続けられる家庭教師センターを見つけ出してください。

  • プロ家庭教師センター 四谷進学会
  • プロ家庭教師センター 四谷進学会
ページトップへ