家庭教師会社の選び方ガイド

お子さんにぴったりの家庭教師を探す上で、家庭教師派遣会社の存在は欠かせません。家庭教師派遣会社は、例えばマンション探しで言うところの不動産仲介会社と言えるでしょう。不動産仲介会社にもいろいろな特色があるように、家庭教師派遣会社にも会社が強みとしている点や特徴など、多種多様です。 それでは、どのようにして会社を選べば良いのでしょうか。 良い家庭教師会社を選ぶ上で重要なのは、下記5つの項目です。

料金

同じモノやサービスならば、1円でも多く節約したいというのが顧客心理と言えるでしょう。例えば、携帯電話の料金や電気といったサービスは、どの会社を利用しても大きな違いはありません。では、家庭教師というサービスはいかがでしょうか。
料理人に例えるならば、一般的なお店のコックさんと、三ツ星レストランの料理長では、大きな差があると言えるでしょう。専門職の場合、一言で同じ職業と言っても、まったく別物であるほどサービスが異なる可能性があります。とはいえ、「料金が高い=質が高い」ということでもありません。適正な料金で、かつ質の高いサービスを行っている会社を見極めることが重要です。

評判の高さ(口コミ点数など)

インターネット上において、悪評が広まっている会社は要注意です。あなたがサービスを受ける側として、日常的に悪評をネット上に書くでしょうか。よほど嫌なことがない限り、わざわざ手間をかけてまで、悪い評判を書くことはないでしょう。ただし、一部の常識のない顧客や、サクラ(他業者の嫌がらせ)が存在していることも忘れてはいけません。

受付の電話対応

受付の電話対応は、会社の姿勢を表しています。言葉遣いが丁寧か、掛けてきた人への心遣いがあるかなどによって、教育が徹底されているかが分かりますので、ひいては会社の姿勢を表していると言えます。家庭教師派遣会社の候補をいくつか絞ったら、まずは電話連絡してみると良いでしょう。何度掛けても電話が繋がらないような会社は、当然おススメできません。

無料体験授業の有無

無料体験授業とは、モノで言えば「試供品」でしょう。肌が荒れる人にとって、保湿剤は必需品ですが、自分にとって合う合わないの幅がとても大きいと言えます。家庭教師はマンツーマンで、長時間学習するので、相性ももちろん大切ですし、その教師の特性によって、お子さんに合うかどうかは多種多様です。例えば、難関大学を目指すならば、そのテクニックを的確に教えてくれる、高学歴な教師でしょう。勉強が嫌いなお子さんにつける教師は、やる気を引き出すことができる、指導力の高い教師でしょう。体験授業で、今後長く付き合っていく先生と事前に合ってみることが肝心です。

悪徳会社ではないか?

集団塾の場合、4科や5科などと、受講しなければならない科目数が定められていますが、家庭教師は苦手科目のみ1教科からということでも可能です。マンツーマン授業なので、どのようにでもフレキシブルな対応ができます。

土日でも対応可能

なかには、家庭教師紹介会社はオモテの顔で、ウラの顔は、高額教材販売会社である場合もあるので、注意が必要です。
また、一度契約したら、期間中は解約できない、違約金が発生するなどの場合も要注意が必要です。申込時や体験授業の時点で、契約内容を確認することをお勧めします。

  • 四谷進学会
  • 名門会
ページトップへ