授業開始までのステップ

情報収集と資料請求

まずどんな家庭教師紹介会社が自分に合っているかを見極めるために、各社のwebサイトや比較サイトなどを通して、大まかにご自身に合う会社の当たりをつけると良いでしょう。その後、いろいろなタイプの会社のパンフレット等を資料請求し、各社の特色をより深く理解するようにします。タイプとしては、「学生かプロか」「会社規模」「受験の専門性」などを考慮すると良いでしょう。

目的(要望)の明確化

資料を熟読した上で、改めて家庭教師をつける目的を明確化しましょう。それにより、どんな会社が候補に挙がり、どんな教師を要望するべきかがはっきりしてきます。

各社に問い合わせ

気になる会社のうち何社かに、実際に電話連絡にて問い合わせをしてみることをお勧めします。パンフレットに書かれている内容だけでは、各社の深い中身の部分は分かりません。実際にどんな先生がいるのかを聞いたり、現状を伝えた上で、どういったカリキュラムで進めてもらえるかなど、相談してみると良いでしょう。

無料体験

電話応対をした中で、良いと思う会社を3社ほどピックアップすると良いでしょう。やはり実際に見てみないことには、なんとも言えません。会社のパンフレットでは見えない点を無料体験で確認するようにしましょう。特に比較すべきポイントは4つ、「料金」「教師の質」「会社の信頼性」「付加サービス」です。各ご家庭によって、重視する項目が異なると思いますので、何が重視ポイントであるかを明確にした上で、無料体験に望みましょう。

再検討

無料体験授業を受けた中で、最も適した会社が見つかったら、再度家族間で話し合いを持ちましょう。家庭教師は、親御さんが良いと思ってもお子さんが良くない場合もありますし、またその逆もあります。全員一致で、1人の先生を選ぶわけですから、本当に良いかどうかをあらゆる方向性から再検討することをお勧めします。

契約

ご家族で納得ができましたら、いよいよ契約です。契約書の内容を十分確認して、初回の日程などのすり合わせをしましょう。家庭教師の場合、塾と違って教材などが一律で決まっていない場合も多いため、初回授業までに準備しておくことをまとめておくと良いでしょう。

  • 四谷進学会
  • 名門会
ページトップへ