家庭教師最新情報コラム‐教育コラム

通学時間を有効に使う学習方法
通学時間を有効に使う学習方法
日々の学習において、効率を高める必要があることは言うまでもありませんが、単に効率を高めると言っても、具体的にどのようにすれば良いかは、絶対的な正解はありませんし…続きを読む>>
制服の可愛さで学校を選ぶのはあり?
制服の可愛さで学校を選ぶのはあり?
志望校選びにおいては、何かと偏差値や学校の立地、指導方針や校風などが優先的に比較検討されますが、実際に学校に通う生徒さんにとっては、学校の雰囲気はもちろんですが…続きを読む>>
今話題のIB教育とは?
今話題のIB教育とは?
近年、教育現場においては「国際バカロレア」や「IB教育」といった言葉がよく聞かれます。日本国内では、通称IB教育と言われていますが、このIB教育とは世界共通の大学入試資格と…続きを読む>>
これからの時代、英語学習に力を入れている学校を選ぶべき?
これからの時代、英語学習に力を入れている学校を選ぶべき?
昨今では、何かとグローバル化という言葉が使われるようになり、ビジネスにおいても教育においても、世界的なグローバルスタンダードを目指す動きが加速しています。日本の教育面においては…続きを読む>>
ギリギリでの志望校合格は入学後がたいへん?
ギリギリでの志望校合格は入学後がたいへん?
志望校選びにおいては、何かと偏差値や学校の立地、指導方針や校風などが優先的に比較検討されますが、実際に学校に通う生徒さんにとっては、学校の雰囲気はもちろんですが、学校までの…続きを読む>>
字が綺麗な生徒さんほど勉強上手?
字が綺麗な生徒さんほど勉強上手?
大人になると、字の綺麗な人が羨ましいと感じる機会が増える今日この頃ではありますが、メールやパソコンなどを使った作業や勉強が当たり前になってきている近年では、活字に触れる機会も…続きを読む>>
卒業生先生が活躍するチューター制度の効果は?
卒業生先生が活躍するチューター制度の効果は?
近年、学校の教育アプローチのひとつとして採用されることの多くなったチューター制度ですが、端的に言うとチューター制度とは、その学校の卒業生などが在校生の勉強を指導したり…続きを読む>>
自宅学習が苦手な生徒さんの勉強方法
自宅学習が苦手な生徒さんの勉強方法
中間や期末、もしくは入学試験を控え、ラストスパート的に深夜まで机に向かう生徒さんの姿は容易に想像できますが、そこまで時間的に追い詰められる前に、日ごろから勉強をしておけばと…続きを読む>>
部活が忙しくても成績が落ちない生徒の特徴
部活が忙しくても成績が落ちない生徒の特徴
部活には大きく分けて運動部と文化部に分類され、もちろんそれぞれの学校によって異なりますが、相対的に運動部のほうが時間的制限が厳しい傾向にあります。中学3年生にもなると、高校受験を…続きを読む>>
設問を理解するには語彙力を
設問の意味や意図を理解するには語彙力を高める
語彙(ごい)とは、あまり耳にする機会に乏しい単語ではありますが、言葉や単語をどれだけ知っているか?という尺度で近年用いられることが多くなりました。無理して難しい言葉を使う必要は…続きを読む>>
違う意見を参考にする
勉強に悩んだら大人の意見や違う意見の人を参考にする
受験勉強の方法については、これ!といった正解があるわけではありません。様々なアプローチや学習方法で、最終的に志望校の合格することが正解ということになりますが、生徒さんからすれば…続きを読む>>
志望校を決めた要因
みんなの「志望校を決めた要因」のご紹介
試験に受かるかどうかだけでなく、それからの人生を左右することになりますので、志望校選びは重要です。目標を高く、自分が希望する学校を選ぶことは大事なことですが、背伸びしすぎても…続きを読む>>
自宅を教室にするメリット
家庭教師による自宅を教室にするメリットは大きい?!
普段から自分なりに学習計画を作り、自習ができている生徒さんはさておき、それまで部活や趣味に没頭し、週に一度の塾に入っていても、あまり自宅学習をしたことがない生徒さんの場合、受験を前にすれば…続きを読む>>
得意科目を伸ばすのと苦手科目の克服
得意科目を伸ばすのと苦手科目の克服はどちらが優先?
ずばり言って、得意科目を伸ばすのを優先することをおすすめします。え?苦手な科目は放っておいていいの?いいんです。人間は万能ではないので、得意不得意があって当たり前なのです。得意な科目は…続きを読む>>
入試に出やすいオススメ小説
先輩たちが教える入試に出やすいオススメ小説
受験に役立つ小説と言うと、夏目漱石の「こころ」芥川龍之介の「羅生門」太宰治の「走れメロス」 など、いわゆる昔ながらの名作ばかり、と言うわけではありません。各年によって流行はありますが…続きを読む>>
夏休みで雲泥の差を付ける
時間たっぷりの夏休みで雲泥の差を付ける
待ちに待った夏休み、授業から開放される四十日間、フリーで勉強することが出来る時間を得られるので、過ごし方によっては大きな学力の伸びを手に入れることも、またはその逆、無駄に過ごしてしまうことも…続きを読む>>
  • 四谷進学会
  • 名門会
ページトップへ